BLOG

9月29日

“未希ライフ”という名の果物とは?

気がつけば、明日で9月も終わり…。
私の周りでは“あっというまの9月だった!”という声が
チラホラ聞こえますが、皆さんはいかがでしょうか?
(毎月つぶやいている人も多いですが・・・;)
これから日を追うごとに、秋も深まりますが
今の時期は、着る服も悩んでしまいますよね。
“風邪引きさん”も増えているようです…。

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」という言葉、
聞いたことはあるでしょうか?
今日のタイトル“未希ライフ”は、リンゴの名前です。
この時期のリンゴといえば“つがる”を多く目にしますが、
早生種の“未希ライフ”も今が旬のリンゴ。
果汁が多く、酸味が少ないこともあり、甘味を強く感じられるリンゴで、
切り口からジュワ~っと果汁が溢れてくるんですよ。

リンゴの品種は世界で約15000種・日本には約200種あると言われています。
“未希ライフ”は、弘前市石川のリンゴ生産者、工藤清一さんが
1981年に、「千秋」と「つがる」を交配し、選抜・育成したもので
1992年に品種登録されました。
シズラーでお届けしているのは、青森県浪岡町の“未希ライフ”。
生産者はエコファーマーの山田隆寿さんと吉岡昇さんです。
(エコファーマーとは、過剰な化学肥料・農薬の使用を避け、
堆肥を施用した土づくりを行うなど、環境と調和のとれた
持続的な農業を行う者として認定を受けた農業者、のことです。)

お客様から“リンゴの表面がツルツルしているけれど
大丈夫ですか?”と質問を受けることがあります。
リンゴの表面が油を塗っているような状態を「油あがり」といいますが、
これはリンゴが熟するにつれて生じる現象で、害はなく
むしろ栄養価が高まっていて、よく熟した食べごろのしるしなのです。
(リノール酸やオレイン酸が増えている証なんですよ。)

シズラーでは、秋から冬にかけて
時期によって美味しいリンゴをリレーして、
多くの品種をお届けする予定です!
お楽しみに♪

↓こちらが“青森産 未希ライフ”。
 まあるくて、褐紅色。皮ごとどうぞ☆
01_edited-1.jpg

9月22日

そして今日は何の日?

今日22日は“夫婦の日”だそうで、
結婚記念日の方も多いようです。
お誕生日のお祝いがとても多いシズラーですが、
結婚記念日のお祝いも多いんです。
そのような記念日にご利用頂けると
本当に嬉しくて、幸せを分けて頂いているキモチになります。

明日は秋分の日で祝日。ですが、実は
私の持っている資料によりますと、
“天麩羅の日”でもあるんですって。
詳しいコトはこれ以上書いていないので、謎が深まります・・・。
ちなみに9月24日は“削り節の日”。
9月27日は“ツナの日”。他にも…9月15日は“ひじきの日”。
そして、9月18日は“かいわれ大根の日”!!だそうです。
他にもいろいろありますが、大半は想像が膨らむ記念日。。。
きっと深い謂れがあるのでしょうね。
記念日が頭の隅にあると、お買い物のとき
ついついカゴに入れてしまう私です。
こんな人の為の作戦?!なのかもしれません。
もし“シズラーの日”をつくるなら…。いつに?しましょう??

話がちょっと脱線してしまいましたが、
皆さんの大切な記念日を、スタッフがお手伝いさせて頂きます。
シズラーで是非お過ごしください♪

↓今日のブログには全く関係ないのですが。。。
 いつの日か、是非ともご紹介したかった“鉢植えパイナップル”!!
 まだまだ手のひらサイズですが、少しづつ成長しています。
 甘い香りが漂うその日を楽しみに。。。
CIMG0801_edited-1.jpg

9月18日

今日は敬老の日♪

窓の外は今、きれいなオレンジ色の夕焼けが広がっています。
(オレンジ色、というより、私にとってはカボチャ色♪)
この3連休は、台風の影響で大荒れのお天気…。
東京も時折強い雨が降り、風も強かったですね。
この夕焼けが、台風一過であることを祈って…。

今日は敬老の日。
普段から3世代ファミリーのご利用が多いシズラーですが、
今日はお揃いでご利用頂いている方が一段と多いようです。
お子様からご年配の方まで、サラダバーなどで
ご自分のペースでお食事を楽しんでいただけます。
いつもは離れてお住まいのご家族はもちろん、
一緒に暮らしていらっしゃるご家族も、いつもと違う
外での食事は本当に楽しく、幸せな時間ですよね。
お店によっては、個室のような空間もありますので
このようなお祝いの時には是非シズラーをご利用ください♪

ご年配の方や女性のお客様に人気があるのは、
やっぱりシーフードメニューです。
季節のおすすめメニューには、旬のお魚をご用意。
以前ブログでお伝えしたランチメニューの“秋鮭”も人気ですが、
ディナーメニューでは“宮城石巻産真だら”をご用意しています。

代表的な白身魚のひとつで、淡白でクセのない魚“たら”。
とても貪欲な魚で、お腹いっぱいに食べて、
いつもお腹が膨らんでいるそうです。
“たらふく食べる”とか“やたら食べる”の語源は
ここから来ているそうですよ。
“鱈(たら)”という漢字の“雪”という字が表すように、
これから冬に向けて旬を迎えます。
お鍋の季節には欠かせない食材ですよね。

この“真だら”の旨味を堪能できるのが
“真だらのグリル キノコとトマトのソテー添え”
この上品な味わいを、シンプルにオリーブオイルで調理。
バジル風味にソテーしたとトマト、マッシュルームや
エリンギ・シイタケなどの旬のキノコをたっぷり添えて
レモンをキュッと絞っていただきます♪

お店でピカピカと美味しそうな“タラちゃん”を見かけたら
是非お家でもお試しください!

↓こちらが“真だらのグリル キノコとトマトのソテー添え”
 バジルブレットと一緒に是非☆
CRW_9408_edited-1.jpg

9月14日

秋のサラダバー第2弾☆

ぐぐぐっっと涼しくなってしまいましたね…。
ここ1週間、シズラーのマネ-ジャー達は
全員でアメリカ研修に行き、今日帰ってきました。
日本に帰ったらいきなりこの涼しさで、ビックリ!かもしれません。
シズラーで提供しているカリフォルニアワイン
“セントジョージ”のワイナリー“ドメ-ヌ・セントジョージ”を
昨年に引き続き訪問したのですが、ブドウの収穫は未だだったそうです。
(昨年は収穫が終わってしまっていたのでした。。。)
今年も収穫体験はできませんでした。・・・残念。
マネージャー達の“アメリカ研修記”もお届け出来れば、と思います。

以前ブログでもご紹介した
長野県川上村の“朝採り高原レタス”。
7月初めからシズラー全店でお届けしていましたが、
いよいよ9月18日で終了が決定しました。
この涼しさで、“小海ゆうきちゃん倶楽部”の地元
小海町では今日、ついにストーブを点けたとのこと!!
10月にはもう霜が降りるといいますから
高原の短い秋が通り過ぎていく9月…なのかもしれません。

朝採りレタスが終わってしまうのはとても残念ですが、
代わってサラダバーには、秋のサラダが充実してきました!

女性に人気のさつまいも。その甘味を生かし、
シンプルな“さつまいものレモン煮”にして提供しています。
輪切りにしたさつまいもとレモン、ちょっぴりの
お砂糖でじっくりコトコト煮込みました。
特にさつまいもは、ゆっくり火を通すと甘~くなります。
栄養のある皮も一緒にいただけます♪

“シェルマカロニとたまごのサラダ”は
海外のシズラーの定番サラダ。
貝殻のような形をした“シェルマカロニ”とボイルエッグ、
セロリ・パプリカ・ブラックオリーブなどを
バジルマヨネーズで和えたパスタサラダです。
セロリがイマイチ苦手な方も、バジルの風味で
結構イケてしまうかもしれません?よ!

急に涼しいし、何だか雨も降っているし・・・、という時こそ
美味しい野菜や旬素材のパワーで、元気をもらいましょう♪

↓“シェルマカロニとたまごのサラダ”で作ったピタサンド。
  いつも欲張りすぎて、これだけでお腹いっぱいに。。。
  今日はちょっと控えめにしました。
  ・・・が、大好きな激辛ハラペーニョは忘れない・・・。
CIMG0739_edited-1.jpg

9月08日

秋のサラダバー第1弾☆

ここ数日の東京は何だか雨模様。。。
同じ雨の日でも蒸し暑かったり、ちょっと肌寒かったりと
季節の変わり目の天気ですね。
昼間は頑張っている蝉の声が聞こえてきても、
夜は虫の声音が聞こえてきます。
今日は満月。
虫の声を聞きながらの月は見えるでしょうか…。

今日は色鮮やかな夏野菜から、秋色に移り変わっていく
シズラー秋のサラダバーから何品かをご紹介します♪

「クリーミーパンプキンサラダ」は
作り方を聞かれることも多い人気のサラダです。
実はこのサラダのヒミツは「ホイップクリーム」なのです。
それも甘味を加えてホイップするのがポイント。
このクリーミーさはマヨネーズだけでは出せません。
ローストしたアーモンドを加えて、さらに香ばしく仕上げています。
レーズンを入れても美味しいですよね♪
(↑個人的意見…でもオススメです!)

「ナスとズッキーニのサラダ」は野菜だけのサラダ。
主に長野県の“小海ゆうきちゃん倶楽部”の
元気いっぱいな野菜を使っています。
オリーブオイルとバジル・トマトソースを使った
野菜本来の旨味を味わえるサラダです。
サラダバーのバジルブレッドと一緒に食べるのが
私のオススメです!とっても美味しいですよ♪

他にも人気のピクルスが「秋野菜のピクルス」になったり
ベーコンの旨味を生かし、オイルとビネガーで仕上げた
「ジャーマンポテトサラダ」など、続々と登場しています。
またご紹介します♪

↓上から「クリーミーパンプキンサラダ」
  「ジャーマンポテトサラダ」「ナスとズッキーニのサラダ」
  そして「中華風春雨サラダ」です☆
  春雨サラダには食感が楽しいクワイを加えました。
IMG_0810_edited-4.jpg

9月04日

シズラー秋のグリルメニューが登場!

9月に入り、秋の気配を感じるようになりました。
気温が高くても、空気がカラッとしはじめ、
日が短くなったこともあり、特に夕方の日差しが
『夏の終わり』というよりも、『秋の始まり』という感じ。。。
店先にも、夏と秋の野菜や果物が並んでいて、
この時期ならではの光景ですね。

シズラーでも9月1日から、秋のグリルメニューが登場!
美味しいものが溢れる秋の素材の中から、
選りすぐってお届けしています。
今日はランチメニューの
『秋鮭のグリル レモンバターソース キノコ添え』
をご紹介します。

秋に生まれた川の沿岸に、
産卵のために戻ってくるのが『秋鮭』。
シズラーでは、北海道標津産の『天然秋鮭』を使用しています。
『秋鮭』の体の脂肪は、産卵のために使われていきます。
ですから「脂が良くのった旬の秋鮭」というのは、実は正しくありません。
脂が少ないからこそ、熟成させても脂焼けせず、
塩漬けなどの長期保存に最適と言われています。
さっぱりとしていて、旨みがあるのが『旬の秋鮭』なのです。

この『天然秋鮭』をレモンペッパー風味にグリルし、
ほどよいの酸味とコクのあるバターソースで仕上げました。
ガーリックでソテーした、シメジ・エリンギ・マッシュルームが
さっぱりとした『秋鮭』に良く合います。
是非お試しください☆

↓ナスとポテトを添え、秋の味覚が大集合♪です。
CRW_9420_edited-1.jpg