BLOG

11月27日

第2回日本全国野菜フェア開催☆

すっかりご無沙汰になってしまいました(>_<)。。。
久しぶりの更新になってしまった事をお詫びいたしますm(_ _)m

いつの間にか、世間はクリスマスムード☆
街の様子も日を追うごとに華やいできました!
最近は、自宅をイルミネーションする方も多いですよね。
イルミネーションも勿論キレイですが、
寒くなると、澄んだ夜空に瞬く星☆も、とてもキレイです。
全くの不勉強で、オリオン座程度しかわかりませんが、
しばらくジィ~~っと夜空を見上げていると、
たくさんの☆が見えてきます。
(これは私がちょっとした田舎に住んでいるから?でしょうか?)

今日は、明日から開催される
「第2回日本全国野菜フェア」についてお伝えしたいと思います。
野菜の生産者の方々と、その野菜を様々な形で提供している企業が
連携を高めること、野菜摂取の重要性を消費者の皆さんにも
広く知っていただくことを目的に開催します。
第1回は今年の2月に開催され、その時もシズラーメンバーが
試食ゾーン“国産野菜★楽試味(たのしみ)コーナー”に参加。
シズラーならではの発想で、国産野菜をつかった
野菜料理の試食に協力しました。
普段は捨ててしまうブロッコリーの芯を美味しく食べる方法や、
数種類のジャガイモの食べ比べ、珍しい野菜などをご紹介し
大好評となりました。
今回はその2回目となり、試食コーナーは前回の3倍に!
もちろん他にもたくさん出展がありますから、
野菜の最新情報を手に入れることが出来ますよ。
11月28・29日 東京国際フォーラムにて開催されます。
入場無料ですから、是非お越しください♪

↓前回の様子
野菜の産地や調理方法など、お客様は興味津々…。
IMG_0343_edited-1.jpg

↓調理には、シズラースタッフも参加。
様々な野菜を調理し、私たちも本当に勉強になりました!
IMG_0388.jpg

11月09日

11月ランチのおすすめメニュー☆

今日はすっきりとした青空が気持ちイイ♪ですね。
でも昼と夜との気温差が大きくて、
17時を過ぎるとすっかり暗くなってしまいます。
昼間は短くなりますが、まさに「秋の夜長」。
皆さんは、長~い夜をどのように過ごされているでしょうか?

今日は11月のランチメニュー
“ササミのカツレツ香草風味 リンゴのロースト添え”をご紹介します。

シズラーのチキンは、全て佐賀産の「みつせ鶏」を使用しています。
「みつせ鶏」の親はフランスの地鶏。空輸して生まれた2世が、
佐賀県の三瀬村周辺で育てられています。
毎日チルドでシズラー各店に届きます。
鶏にも“旬”があるのをご存知でしょうか?
みつせ鶏は生後80日の肥育日数が“旬”。
柔らかく、ジューシーな風味を楽しんでいただけます。

ササミといえば、健康的な高たんぱく低カロリーな
食材として知られていますが、
「ちょっとパサパサしている…」というイメージも
あったりしますよね。
でもみつせ鶏のササミは、ふんわりと柔らかくて
私も最初食べたときはビックリしてしまいました。

この「みつせ鶏ササミ」を
タイム・ローズマリーなどのフレッシュハーブと
ガーリック・オリーブオイルでマリネし
ササミの風味とハーブの香りを
ギュッと閉じ込めたカツレツにしました。
さっと焼いたチェリートマトとも良く合うんです。
付け合せは「リンゴのロースト」。
ハーフカットしたリンゴに、バター・グラニュー糖
シナモンでじっくりローストしました。
リンゴの水分が程よく飛んで甘みが増し、
バターとシナモンの風味が「秋」を感じます~♪

実はこのメニュー、以前も登場したことがあるのですが、
メニューが変わったあとも、
リクエストが多かったメニューのひとつです。
11月限定なので、是非♪お試しください!

CRW_9551_edited-2.jpg

11月06日

マチルダのお話。

11月の3連休は、まずまずの行楽日和♪
さすがに陽がおちると寒くなりますが、
日中はお出かけするには最適☆の陽気でしたね。
そろそろ“芋掘り”の季節。
小さい頃、毎年畑にジャガイモを育てていて、
家族総出でジャガイモ堀りをしました。
その年によって
ジャガイモの花の色が違ったり(これは品種の違い)
大きさが違ったり(それはきっと出来栄えの違い…^^;)
そういえば、ジャガイモを保存するとき、
芽を出にくくするために、リンゴを一緒に入れていました。
色々と記憶が甦ってきます。。。

マチルダ・さやか・紅丸・花標津・インカパープル…
これはジャガイモの品種の名前です。
最近はお店でも“ジャガイモ”としてではなく、
“男爵”や“キタアカリ”などの品種名で並んでいます。
お料理によって使い分けると、味も違ってきますよね。

シズラー11月のランチメニューの
“真だらとマチルダポテトのグラタン”。
“マチルダ”とは、スウェーデン生まれの
新しい品種のジャガイモです。
大きさは卵くらい。きめが細かく、甘みがあり
なめらかな舌触りで、煮崩れしません。
シズラーでは、北海道産のマチルダを使っています。
朝晩と昼間の寒暖の差が、ジャガイモの甘さを生むと
言われていますから、まさに北海道の気候がピッタリ!
病気に強いので、無農薬栽培にも向いているそうです。


“マチルダ”のきめ細かいとろけるような舌触りと、
真だらの旨味がとけ込んだクリーミーなソースが
絶妙のハーモニー♪のポテトグラタン。
これからの季節にぴったりです!

CRW_9556_edited-1.jpg