BLOG

12月30日

ジュニアベジタブル&フルーツマイスターが20名誕生しました!

2007年も残すところあと僅か…。
のんびり屋(&過去をあまり振り返らない?)の私でも
ちょっと感慨深くなるもの・・・です。
シズラーの今年の最大ニュースは、
4月にオープンした「シズラーノースポートモール店」!
6年半振りのNEW OPENのシズラー。
サラダバーでは、焼きたてのベジタブルブレッドをお出ししたり
またいち早くチョコレートファウンテンを楽しんでいただく、など
新しいシズラーの誕生☆となりました。
この港北エリアには、横浜・青葉台にあったシズラーを
懐かしんで来店されるお客様も多かったのが印象的でした。

そして、今年最後のビックニュースは
この12月に「ジュニアベジタブル&フルーツマイスター」が
20名誕生したこと!です。
合格された皆さん、本当におめでとうございます♪
シズラー各店に「野菜ソムリエ」がいる、ということになります。

今年もシズラーでは、
地元野菜を積極的にお客様にご紹介してきました。
桜新町店でも「ジュニアベジタブル&フルーツマイスター」を
取得した料理長が中心となって、
地元世田谷の野毛・木村農園、上用賀・柳田農園から
“せたがやそだち”ブランドの大根・かぶ・白菜などを
サラダバーで提供しています。
実は世田谷は、都内でも野菜の生産量が多く、
露地販売などを通じて、地元で消費されているそうです。
3.jpg
↑木村農園の大根。丸々とした立派な姿です!

私も“味一番大根”をそのままスティックにして頂きましたが、
切り口からジワ~っと水分が溢れ、甘~くて、
何もつけずにいくらでも食べられる!という
ちょっと衝撃的な美味しさでした。
白菜もこれから寒さとともに、甘みが増す野菜。
サラダで召し上がっていただくにはピッタリの季節です。
相性のよい柚子風味の味噌マヨネーズディップがおすすめ♪
数量限定でのお届けになりますが、
旬の採れたて野菜を、一番美味しい方法でご提供しています☆
是非一度召し上がってみてください!

最後になりましたが、今年もシズラーブログを覗いてくださって
ありがとうございました!
シズラーの最新情報を少しでもお届けできていたら嬉しいです。

シズラー共々、これからもシズラーブログを
どうぞ宜しくお願い致します♪

2008年が素晴らしい年になりますように・・・☆

12月21日

明日は冬至です♪

一年のうちで昼が最も短く、夜が最も長くなる“冬至”。
(正確には21~23日頃を指すようです。)
夕方4時を過ぎれば、あっという間に薄暗くなって
心細さも覚えます。。。
昔の人は、この昼の短さに加えて、
秋から冬にかけて食べ物が少なくなっていくのを感じて
もっと心細くなったことでしょうね。

冬至には “ん” がつく食べ物を食べると
運がつくとか、病気にならない、厄除けになるなど言われてきました。
「なんきん(カボチャ)」「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」
「かんてん」「うんどん(うどん)」7種の “ん”が2つつく
食べ物をたべると良いとされています。
どれも栄養があって、体を温める食べ物ばかり。
元気に年を越すための古くからの風習なんですね。

今日は “ん” は1つしか付きませんが
旬の“リンゴ”をご紹介したいと思います。
シズラーのサラダバーで人気の“葉とらずりんご”。
みなさんもう召し上がりましたか?

リンゴは、葉で作られたでんぷんが果実に運ばれることで甘くなります。
しかし、葉をつけたままにすると、リンゴに葉の影ができてしまい、
色周りが悪くなってしまいます。
私たちもリンゴを選ぶとき、色ムラがない赤いリンゴを選びますよね?
葉を取って満遍なく日に当てることで、色ムラはなくなりますが、
葉からの栄養は届きにくくなってしまいます。

青森県ゴールド農園の“葉とらずりんご”は、
あえて葉を取らずに自然に熟させたリンゴ。
hatorazu6.jpg

通常のリンゴに比べて、糖度が1度ほど高く、
甘みと酸味のバランスがよいリンゴになります。
甘いだけではなく、程よい酸味があるので
味が濃い!というのが私の印象です。
この“葉とらずりんご”は、
シズラー全店で召し上がっていただけます♪

“1日1個のリンゴは医者を遠ざける”とも言いますから、
この冬を元気に過ごすためにも
旬の美味しいリンゴを食べたいですね☆

12月15日

期間限定『HAPPY HOLIDAY』メニューが登場!

12月ももう半ばになりました。
子どもたちは、冬休みを指折り数えて待っていることでしょう。
冬休みは短いけれど、楽しいイベントがたくさん♪ですよね。
もちろん子どもたちに限らず、オトナでもソワソワしてしまう季節。
私も間違いなくそんなオトナのひとりです。
私がソワソワするのは、食べ物ばかりなんですけれど(^ ^;)

シズラーにも12月14日~1月14日の期間限定で
シズラー初の“フォアグラ”を使った
『HAPPY HOLIDAY』メニューが登場しました!
001.jpg


トリュフ・キャビアと共に世界三大珍味と云われる“フォアグラ”。
シズラーではハンガリー産ガチョウのフォアグラを使っています。
表面を香ばしくソテーして、ステーキに添えました。
中はトロッとしていて、ランプステーキやヒレステーキなど
赤身のお肉との相性は抜群☆です。
002.jpg
↑『ランプステーキ フォアグラソテー添え ポートワインソース』
 サラダ・スープ・デザート&ビバレッジバー付 3,280円

ポートワインとは、ポルトガルの特産で、
発酵途中にブランデーを加えた酒精強化ワイン。
ルビー色をした赤のポートワインは
“ポルトガルの宝石”とも云われています。
フォンドボーと合わせ、ポートワイン独特の甘みと
コクを生かしたソースは、冬のこの季節にピッタリです。

さらにロブスターのグリルを添えた
ステーキとシーフードのコンビネーションもご用意しています♪
003.jpg
↑“ヒレステーキ&フォアグラソテー ロブスター添え ポートワインソース”
 サラダ・スープ・デザート&ビバレッジバー付 4,260円

皆さんで集まる機会が多くなるこの季節、
是非シズラーで楽しいひとときをお過ごしください♪

12月13日

『エコプロダクツ2007』に出展しています!

今日12/13(木)から12/15(土)まで、東京ビックサイトにて
『エコプロダクツ2007』が開催されています。
今年で9回目を迎える『エコプロダクツ』。
毎年15万人が訪れる国内最大級の環境展です。
今年は“地球と私のためのエコスタイル”をテーマに
600社以上が出展しています。

シズラーはロイヤルホールディングス(株)の一員として
昨年に引き続き出展しています。
今日はその様子を少しご紹介します♪

こちらがシズラーが出展しているブース。
初日の今日は、学校の課外授業で来展する小中学生が多く見られました。
_MG_6163.jpg

シズラーでご紹介しているのは、
以前ブログでも好評だった『グリーントマトのピクルス』。
捨てられてしまう間引きした未熟のトマトを利用し、
美味しくピクルスにしたエピソードなど、
食べ物を大切にする姿勢を試食とともに伝えています。

シズラーのや紙ナプキンには
成長が早く二酸化炭素を樹木の4倍以上吸収するため
地球温暖化にストップをかける植物として注目されている
ハイビスカスの一年草“ケナフ”をつかうなど、
環境保全植物が使われています。
また、お子様のサラダバープレートには
とうもろこしなどのでんぷん・糖を原料として作られる
植物由来のプラスチックを使用しています。

ブースで10問のエコクイズにチャレンジしていただくと
シズラーオリジナルの缶バッジがもらえるかも☆
では、ここでそのエコクイズにチャレンジ♪
Q,日本人の食べ残しによるムダは次のうちどれに相当する?
  1、1週間のうち、1食
  2、3日間のうち、1食
  3、1日3食のうち、1食
答えは、一番下を見てくださいね!

_MG_6179.jpg
ほかにロイヤルホールディングのブースでは、
九州のロイヤルホストで取り組んでいる“食品リサイクル”についてご紹介。
お店の生ゴミを有機肥料にし、その肥料を使って育てた野菜を
お店で食材として使用しています。
エコプロダクツでは、この野菜の試食も出来ますよ♪

実際にシズラーで働いているスタッフが、ご紹介しています。
_MG_6151.jpg
先ほどのエコクイズの答えは“3番”でした♪
(作成者曰く…ここだけの話、クイズは結構ムズカシイらしいですよ^ ^;)

入場は無料です!是非、週末にお出かけください☆

12月03日

『たらふく食べる』の語源とは?

いよいよ12月。今年もあと1ヵ月となりましたが、
あまり実感が湧きませんが、カレンダーを眺めると確かにもう、
今年はあと1ヵ月を切っているのですね。。。(やっと実感。)

冬の野菜やくだものが本当に美味しくなってきました♪
秋になっても気温が高い日が続いていたので、
白菜・キャベツなどは充分に生育せず、
中心部の巻きが悪いものも多かったようです。
いよいよ寒さも本番。
これからの寒さの中でゆっくりと成長することで、
甘さや旨みはどんどん増してきます。

寒~い日に、旬の白菜やねぎなどがお手頃になると
やっぱり『お鍋』が食べたくなりますね。
お鍋にかかせないお魚に『たら』がありますが、
切り身で売られていることが多いこの『たら』。
こんな姿なのをご存知でしたか?
madara-sozai.jpg
ちょっとユーモラスにも見えるこのお姿・・・。
『たら』はとても食べることに貪欲な魚で、
いつもお腹いっぱいに食べているので
お腹が大きく膨らんでいるそうです。
「たらふく食べる」「やたら食べる」というのは、
実はこの『たら』が語源とのこと。ナルホド、ちょっと納得。

鍋にももちろん美味しい『たら』ですが、
シチューにしたりクリーム煮などにも良く合う魚です。
シズラーでは、その旨みを逃すことなくクリームソースに生かして
熱々のポテトグラタンにしました。
gratin.jpg
ポテトには北海道産の“マチルダ”を使用。
スウェーデン生まれの品種“マチルダ”は栽培が難しく、
幻のジャガイモともいわれています。
なめらかな食感で、グラタンにはピッタリなんですよ☆

グラタンも冬に美味しいメニューにひとつ。
「北海道産真だらとマチルダポテトのグラタン」は、
平日のランチタイムにお楽しみいただけます♪
熱々を是非お楽しみください!