BLOG

4月18日

シズラーノースポートモール店もうすぐ1周年♪

ここのところ、春の雨が続いていますが
皆さま如何お過ごしでしょうか?

気温差も激しく、新生活の疲れも出てくる頃です。
体調を崩さないよう、どうぞ気をつけてくださいね。

さて、4月21日でノースポートモール店が1周年を迎えます。
☆(ノ^ー^)ノノ☆パチパチ
沢山のお客様に支えていただき、1周年を迎えることができました。
誠にありがとうございますm(__)m

ノースポートモール店を支えて下さる心強いサポーターの中でも、
欠かせない方々が、契約農家の吉野さんと松澤さんです。

三島料理長が、自らの足で近隣の農家を歩いて周り、ようやく出会った二軒。
新鮮な地元の野菜をお客様に食べてほしい、という
シズラーの思いに共感していただき、
お店との直接取引を始めていただきました。

以来、野菜を届けて下さる以外にも、
お店のスタッフに畑を案内して下さったり、
珍しい野菜をシズラーのお客様のために育てて頂いたり、
野菜の提供以上の多大なるサポートをしていただいています。

吉野さん、松澤さん、本当にありがとうございます。

yoshinosan%26matzuzawasan.jpg

↑写真上が松澤さん、下が吉野さん
お二人ともとても明るくパワフルな方々です♪
     
ノースポートモール店以外にも、府中店、三鷹店、桜新町店、
ランドマークプラザ店も近隣の農家さんにご協力をいただいています。
シズラーにおいでの際には、是非顔の見える、
温もりの伝わる地場野菜を召し上がってくださいね☆

さて、1周年を迎えるノースポートモール店では、
4月19日から2週間の間
平日も終日チョコレートファウンテンをご用意するなど、
アニバーサリーを記念した様々な企画をしております。

ノースポートモール全体でも、
アニバーサリーイベントを多数開催予定ですので
是非足を運んでみてくださいね♪

1周年を迎えるノースポートモール店を
これからもよろしくお願いします!

4月07日

トマトフェア好評です♪

桜の花びらがひらひらと舞い、
さわやかな青葉が垣間見えるようになってきました。
今日から新年度が本格稼動し、
新生活を始められた方も、そうでない方も、
気分を引き締めていらっしゃるかと思います。

さて、3月からサラダバーで開催中のトマトフェア、
皆様お試しになりましたか?

直接シズラーのスタッフに感想をお聞かせいただいたり、
ドイリー(ピンクの丸いカード)にコメントを書いていただいたり、と
お客様からは、沢山の反響をいただいております。

今日は、各地のトマト農家から届く
こだわり・選りすぐりのトマトをご紹介します♪

tomato05.jpg

左上から時計回りに
石井農園のフルーツトマト、イエロートマト、
プチトマト、高リコピントマト、織部トマト(緑)。
そのほかに、グリーントマトのピクルス、大玉トマトの計7種類が
日替わりでお楽しみいただけます。

なかでも、ご好評をいただいているのが
石井農園のフルーツトマト(写真 左上)です。

通常フルーツトマトは樹に水分を与えないことで、
糖度を上げていきます。
過酷な環境に身を置いたトマトは、自らの身を守ろうと、
表皮を硬くし、実の中に栄養を凝縮させるんです。
いわばスパルタ教育的(?)な農法です。

一方石井農園では、自家製の堆肥や
土壌微生物を大切にした土作りなどで、
樹にストレスをかけずに、自然な美味しさのトマトを作っています。
環境で負荷をかけるのではなく、トマトが成長しやすい環境を整えてあげるんですね。
このようにして育ったフルーツトマトは、後味が長く、
旨み・甘みを感じ取れる優しい味わいが特徴です。

フルーツトマトのほかにも、人気を博しているのが新顔のトマトです。

こちらはロシアが原産の黒トマト 『織部』↓
oribe.jpg
緑色の色素が抜けずに、赤色のリコピンが生成されるため
緑と赤い色が交じり合った
焼き物の『織部焼き』のような不思議な色合いになります。
シャキシャキした食感が楽しめます。

こちらはイエロートマト。
yellow-tomato.jpg
正式名は『桃太郎ゴールド』。桃太郎トマトと同じ仲間で
食味も通常のトマトと変わらず、みずみずしいのが特徴です。
POPな色合いが可愛らしいですね♪♪

また、カゴメの高リコピントマトは、
抗酸化作用があるリコピン含有量が普通のトマトの1.5倍。
高い栄養価だけではなく、深みのある味わいを実現した新しいトマトです。

日本人が一番消費する野菜であるトマト。
日々味わっている、美味しさ、栄養価に加えて、
シズラーで、品種毎の違いという
新しいトマトの楽しさに触れてみてはいかがでしょうか。