BLOG

2月18日

あま〜いキャベツ“キャンディキャベツ”

一年中食べられるキャベツですが、
季節によって味や食感を楽しむことができます。
最近は、いろいろな品種のキャベツを見かけることが多くなりましたね。
今月、シズラーのサラダバーには「キャンディキャベツ」が登場しています♪


「キャンディキャベツ」の見た目は、普通のキャベツ。
しっかりずっしりした冬キャベツです。
「キャンディ」というネーミングの通り、大きな違いはその甘さ。


NEC_0771.jpg


シズラーでは、その野菜の特長を楽しんでいただけるように
いろいろな調理法を試しています。


「キャンディキャベツ」は、みずみずしくて甘みがあって、生でも十分楽しめるキャベツ。
特に芯の部分はすっきりとした甘みを強く感じます。
ただ肉厚でしっかりとした歯ごたえのある冬のキャベツ、ですから、
サラダで食べるにはちょっと食べにくいかも・・・と
サッと茹でてみたところ、シャキシャキとした食感と甘みをバランス良く味わえる仕上がりに!
それに茹でることでたくさん食べられます(笑)
芯の部分はもちろん、外側の美しい緑色の葉もおすすめです♪


「キャンディキャベツ」は、静岡県浜松市だけで栽培されているブランドキャベツ。
1月から2月末までは、霜にあたって甘さが増して特に美味しくなるとのこと。


ぜひそのまま召し上がっていただき、驚きの甘さを体験してくださいね☆